ホーム > ご利用者・ご家族の皆様へ > あと会の特徴
あと会の特徴
コンタクトマン制度

ご利用者やご家族の希望に沿った生活を送っていただくことを目指す、スウェーデン方式のコンタクトマン制度を取り入れています。生きがいある生活を、ご本人とご家族、スタッフが三位一体で取り組みます。

もっと詳しく見る

スウェーデン方式のコンタクトマン制度
園芸療法

専任の園芸療法士によるアクティビティは、押し花やドライフラワーを使った作品づくりをはじめ、花や野菜の栽培などを行っています。ご利用者の不安や緊張がほぐれる、自信の回復など多くの効果が出ています。各分野の専門職がご利用者の生きる意欲を支えます

もっと詳しく見る

園芸療法
職員独一人ひとりがやりがい、
働きがいを持てる職場

当会では、人材育成・組織活性化の有効な手段として職能職務資格等級制度を導入しています。やりがい、働きがいのある職場で、一人ひとりに合った目標を立て、ご利用者への介護の質の向上に取り組んでいます。

職能職務資格等級制度を導入
スウェーデン リンデシュベリイ市と
相互に職員留学

介護職員の質の向上。やりがい、働きがいのさらなる向上を目的に、スウェーデンの中でも特に福祉に力を入れている同市と人材交流のための業務提携を結びました。

スウェーデン リンデシュベリイ市と相互に職員留学
タクティールタッチ

タクティールタッチはスウェーデンの高齢者や障害者福祉の現場で広く使われている療法の一つです。相手の皮膚に対して「擦る・押す・触れる」ことを行いながら、ゆったりとした気持ちを導き、心身ともに和やかにさせることを目的としています。

タクティールタッチ
真空低温調理法

安心、安全で栄養価のあるおいしいお食事 私どもは健康の基本となる「食」を大切にしており、平成13年より真空低温調理法を導入しています。この調理法は衛生管理面で優れているとともに、ホテル並みのおいしい料理の提供を可能にしました。また、ご利用者お一人おひとりの好みや体調を考慮した料理がつくりやすいことも大きな特長です。

もっと詳しく見る

真空低温調理法
凍結含浸法

野菜の根菜類が舌でつぶせるほど軟らかく調理できる新しい含浸技術を使用した調理法を開発しました。この調理法は広島県食品工業技術センターが開発した技術がもとになっており、くにくさ苑が1年かけて実用化に成功しました。ご利用者からは、食材の形があっても柔らかく、見た目にも美しく、噛むことができなくても口の中でとろけて、とてもおいしいと好評です。

もっと詳しく見る

タクティールタッチ