職員ブログ
Blog

あと会ブログ 2012.11.16

ふかわ・くにくさ秋祭り2012

みなさん、こんにちわ!!昨日から急に寒くなり芸北の方は雪が積もったようです

日中は晴れているのにザーザーの雨が降ったりよく分からない天気です・・・。天気予報も雨マークなんて出ていなかったはずなのに。。

 

さて、話は変わり、
先週の日曜日に、ふかわ・くにくさでは秋まつりが行われました。玄関先には大きな大蛇を飾り、大ホール、リハビリ室、デイケアも秋祭り仕様に衣替え。

大の大人が何人も加わり重い器具を運び秋祭りの準備を行いました。

 

当日は職員もハッピを着て祭りに参加

おいしい料理もバイキング形式でたくさん並びご利用もお腹いっぱい召し上がられました

秋祭りの目玉はなんといっても「神楽」です
毎年「日脚神代神楽社中」の皆様にきていただき、石見神楽を披露していただいています迫力満点でご利用者も昔よく観ていた頃を思い出されたようです神楽の演目は多いため、時間の関係で全部は行われませんでしたが、ご利用者、ご家族に喜んでいただき大盛況に終わりました!


このように昔よく観ていたものを思い出し、語り、誰かに話したりすることで心の核となる部分を再発見することができる、認知症の治療に効果的な心理療法の一つに「回想法」というものがあります。

回想法は、認知障害・記憶障害を持つ人に対しては回想を促す刺激(五感に働きかけ、記憶を呼び起こすもの)を用いることが多いようです
昔使っていた道具や懐かしい駄菓子、よく聞かれた歌や映画、昔起こったことなどを話したり観たりすると高齢者の記憶力を刺激していき、症状の進行の予防にもなると言われています。

ぜひ、みなさんもこのような方法があることを頭の片隅に置いておいてください

(ふかわ・くにくさ リハビリ長畑)