職員ブログ
Blog

あと会ブログ 2012.12.29

もちつき会

もうすぐお正月になりますね~

と言うことで、あと会では先日開設したばかりの「でじま・くにくさ」や、阿戸にある「くにくさ苑」で毎年恒例の餅つき会がありました

もちろん、ここ「ふかわ・くにくさ」でも昨日、ご利用者の皆さんと一年を締めくくる恒例行事として杵と臼を使った餅つきを行い、一緒に楽しんでいただきました。

そして、中には杵をついていただくご利用者もおられました。ちなみに機械で作った餅は、杵つき餅と比べて細かい気泡が多く含まれ雑煮に入れた場合に柔らかくなりすぎるそうですよ。

杵をつかないご利用者の方にはついた餅を丸めたり、ムスビを握ってもらう作業を手伝っていただきました。
みなさん、さすがにお手の物です


山岡施設長もはりきって杵でついてもらいました。

丸めていただいた餅(餅、豆腐餅)は「きなこ・大根おろし・あんこ」につけて食べていただきました。
その他、炭火焼の鶏肉や豚汁、ぜんざいなどがありましたが、皆さんと一緒の物を食べる事で美味しさが増した気がします

さて、ここで一つ疑問が…
餅つきはなぜ正月にあわせてつくのでしょうか

 

私もなぜかと思い、調べてみるとお米が取れたことを神(先祖)に感謝し、来年も豊作であるとこと願うためにするようです。
農家出身の方はご存知かもしれませんが、普段何気なく起きている事で意外に知らない事って多いものですね

何はともあれ
今年も無事に餅つき会ができる喜びをご利用者と一緒に経験できた一日になりました。

今年も残るところあとわずかですが
良い年が迎えられますよう
皆さん身体には充分気をつけてお過ごし下さい

ふかわ・くにくさリハビリ課
迫 信宏