職員ブログ
Blog

あと会ブログ 2013.10.25

食事について

P5101926こんにちは(。・ω・)ノ゙

いきなりおいしそうな食事の写真。ふかわくにくさでは現在27日(日)に開催される秋祭りの準備の真っ最中。皆が楽しみにしているのは神楽とおいしい食事です

さて、先日私は新人技術研修の「食事介助について」という研修をさせていただきました。老人保健施設では病気や高齢になって食事摂取が難しくなっている方がいます。食事を食べるために必要な口や喉の勉強と、食事介助の際のポイントを勉強しました

そこで感じたのは、やはり何より、入居者様の「食べたい」という気持ちを引き出すことが大切だと感じました。ユニットケアを行っている当施設では、ご飯や味噌汁を各ユニットで作っています。ご飯の炊けるにおいや味噌汁の香りをかぐとおなかがすいてきませんか?
また、見た目もかなり重要な要素です。あと会ではMOU(ムー)食という、形はそのままで舌でつぶせる硬さの食事があります嗅覚や視覚からの情報で「食べたい」という気持ちが起こると、唾液が出てきたり、食べる動作(手や口の動き)が起こるのです。自分で食べられない方には、しっかり声かけをして、今日の食事が何か説明してあげてくださいそれから姿勢も大切です。足が床についていなかったり、体が傾いていては上手に嚥下が出来ません。その方一人ひとりに合わせた机や椅子、介助方法で介助を行ってください

わたしも食べることが大好きです
おいしいものを食べると幸せになりますよね
みんなの健康を保つために、いつもおいしい食事を提供してくださっている栄養課さんに感謝ですね

(ふかわ・くにくさ リハビリ課 室地)