職員ブログ
Blog

あと会ブログ 2021.03.23

モニタリングってなに?

 

こんにちは。くにくさ居宅介護支援事業所の永岩・中村です😃

早いものでもう3月も中旬ですね。

りは・くにくさに桜の花が咲いてました。

今年もお花見はお預けですね・・・

来年こそはみんなでお花見に行けますように🙏🙏🙏

 

これまで介護保険認定の申請をし、要介護認定を受けるアセスメント(情報収集)をしたうえで居宅サービス計画書(ケアプラン)を作成、サービス担当者会議で最終決定をしたケアプランに従ってサービスがスタートする所まで説明しました。

サービスの利用が始まると、ケアマネジャーは

①ケアプランに沿ったサービスが実施されているか?

②本人、家族は満足しているか?

③必要なサービスに変化はないか?

④サービスを提供している事業所からの意見はあるか?

⑤目標は達成できたか?

などの内容を最低月1回は自宅を訪問し利用者本人・家族に確認します。

この作業をモニタリングと呼び、介護保険を利用するにあたり義務付けられています。

利用者さんに変化があればそれを見逃さず、ケアプランに反映し、より良いサービスにつなげています。

自宅訪問の際、次月の予定表(利用票)を利用者に説明し、同意を得て交付します。

同意を得た予定表は提供票として各サービス提供事業所に交付します。

今回で介護サービス利用までの流れの説明が終わりとなります。

次回はどんな話がでるのか?

お楽しみに~😊💖🎶